『第29回TOKYO月イチ映画祭』 2015年11月14日(土)

■13:00~
前回『TOKYO月イチ映画祭』グランプリ作品特別上映(無料)

●作品名
『きつね大回転』 23分 
監督 片桐 絵梨子
【受賞・上映歴】
第28回TOKYO月イチ映画祭グランプリ受賞/桃まつりpresents真夜中の宴(2008年ユーロスペースにて)
【あらすじ】
「町で悪さをしているきつねを退治してください」という依頼を受けてやってきた男女二人組。きつねを捕まえようと罠を仕掛けるが、そこにかかっていたのは着物を着た妖艶な美女だった!
【監督プロフィール】
大学の映画サークルで自主映画を多数製作。映画美学校に進み、映画監督・西山洋市氏に教わる。同時期に録音部として様々な映画・テレビ作品に関わる。現在はテレビ・映画などで脚本を執筆。主な監督作品に『サカミチ』(99)、『北東京エレベータ』(01)、『猿真似』(03)、『きつね大回転』(08)、BeeTVしってはいけない怖い話「木目」「絵日記」(10)。脚本作品に『INAZUMA稲妻』(05)、『死なば諸共』(06)(共に監督 西山洋市)、NHK Eテレ時々迷々(09~)、「スマホリアルストーリー」(14),「こども安全リアルストーリー」(15)、等。
【CAST】
松元 夢子(文子役)、石川 美帆(謎の美女役)、圓若 創(遠藤役)、

■Aプログラム■(有料) 13:50~

●作品名
『私は渦の底から』 27分
監督 野本梢
【受賞・上映歴】
2015年「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」グランプリ/ 「福岡インディペンデント映画祭」レインボー賞
【あらすじ】
自分がレズビアンであることに悲観的な希子は、親友への想いを断ち切る決意をする。しかし、とある事実を突き付けられ、希子の想いは再燃する。
【監督プロフィール】
1987年生まれ。埼玉県在住。2012年よりニューシネマワークショップにて映像制作を学び、その後短編映画を自主制作している。
【CAST】
橋本紗也加/岡村いずみ/長尾卓磨/藤原麻希/はぐみ

●作品名
『何かが壁を越えてくる』 35分
監督:榎本憲男
【受賞・上映歴】
第25回東京国際映画祭 日本映画・ある視点部門にて上映
【あらすじ】
若手女子漫才コンビのレイラ(今村沙緒里)とエイミ(佐々木ちあき)は、マネージャー兼漫談師の大崎(上村龍之介)の運転する車で、夜を徹して田舎の公演会場に向かう。女子二人は気乗りしていない。レイラは自分たちの漫才のネタが田舎ではまったく受けないと思い込んでいるし、エイミは目的地に幽霊が出たという噂を信じているからだ。しかし、事態は一転し……。
【監督プロフィール】
1959年 和歌山生まれ。1997年 初プロデュース作『身も心も』(荒井晴彦第一回監督作品)公開。以後、プロデューサー。2010年より 東京テアトルを退職。 フリー。
2011年 第一回監督作品『見えないほどの遠くの空を』劇場公開/小説「見えないほどの遠くの空を」小学館から出版/『見えないほどの遠くの空を』 第27回ワルシャワ映画祭(ポーランド)フリー・スピリット・コンペティション部門に正式招待。2012年 短編「何かが壁を越えてくる」 東京国際映画祭日本映画・ある視点部門に正式招待。
2015年 12月12日(土) 長編映画『森のカフェ』公開予定/ *日本映画の新しいシナリオ理論を考える勉強会「シナリオ座学」を主宰しています。
*『エアー2.0』から本格的に小説家としての活動も開始。
【CAST】
今村沙緒里 佐々木ちあき 上村龍之介

●作品名
『なめくじ劇場 THE MOVIE 2015「君の瞳に恋してる」』 20分 
監督イッキ
【受賞・上映歴】
したまちコメディ大賞2015グランプリ&観客賞W受賞/ 小田原映画祭ショートフィルム合戦小田原の陣入賞/
神保町映画祭準グランプリ受賞/ 西東京市民映画祭ノミネート
【あらすじ】
付き合って3年のタカヒロとリエ。この日は記念日。思い出のバーでタカヒロはサプライズプロポーズを計画するが、リエのある告白により2人は愛憎のスパイラルに墜ちていく・・・。なめくじ劇場がお送りする、むきだしのラブコメディ。
【監督プロフィール】
1972年生まれ。俳優。/20歳の時、ポップな演劇を目指したが何故かアングラ演劇に足を踏み入れる。元・天井桟敷の故・昭和精吾に師事。30歳を過ぎて、お笑いコンビ「東京タイツ」を結成。太田プロで活動する。コンビ解散後俳優活動再開。2012年俳優仲間とユニット「なめくじ劇場」旗揚げ。ネットでの動画配信、映像制作、ライブ活動を精力的に行う。「なめくじ劇場」全作品の脚本と演出を担当し、自身も出演する。(株)アクロスエンタテインメント所属。〈なめくじ劇場、受賞歴〉・したまちコメディ大賞2012/、2013、2014 入選/・第1回京都コメディ映画祭 グランプリ/・横濱 HAPPY MUS!C 映画祭 入選
【CAST】
亀岡孝洋、平田裕香、イッキ

■Aプログラム終了 15:57
■Bプログラム■16:10~

●作品名
『牛乳王子』 15分
監督 内藤瑛亮
【受賞・上映歴】
学生残酷映画祭2009グランプリ /スラムダンス映画祭2010
【あらすじ】
男子中学生が自殺をする。恋心を寄せる同級生の前で痴態をさらし、女子たちに笑い者にされたからである。自殺をし男子中学生のの怨念は殺人鬼・牛乳王子を生む。
【監督プロフィール】
1982年生まれ。愛知県出身。映画美学校フィクションコース11期生修了。
2012年、自主制作した長編『先生を流産させる会』が全国劇場公開され、論争を巻き起こす。2014年、山田悠介原作のスリラー『パズル』(主演:夏帆、野村周平)を監督する。
古屋兎丸の原作を実写映画化した『ライチ☆光クラブ』(主演:野村周平)が2016年2月13日公開予定。
【CAST】
加藤真 安藤舞 泉水美和子 青山みその 相馬有紀実 田村恵 森久ともよ
【STAFF】
撮影 穴原浩祐/音楽 Game Boyz  ffff  kenji masuda/ロゴデザイン 勝彦

●作品名
『チェンソー君!』 7分30秒
監督 吉岡光
【受賞・上映歴】
『学生残酷映画2014』観客賞受賞/ハンブルグ日本映画祭2015にて学生残酷映画祭、過去受賞作品特集にて上映。
【あらすじ】
「チェンソー君!彼は頭にチェンソーが生えている奇怪な外見から、いつも不良たちにいじめられていた。そんなある日、銀行強盗が高校に立て篭もる! 人質に取られるチェンソー君と不良たち。どうするチェンソー君? 頭を使え! 考えるな! 感じるな! 回せ!回せ! チェンソオオオオオオ!!」
【監督プロフィール】
日本大学芸術学部映画学科26年度卒業生。22歳。
【CAST】
吉岡光、吉永真人、佐藤拓也、原善哉、川島直人、古田渓、小山田恭介、酒井朝子

●作品名
『キリミと魚人間』 75分
監督 小林でび
【受賞・上映歴】
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015フォアキャスト部門/ さざなみ映画祭2014/ でび映画まつりVOL.1/ 湖畔の映画祭2015
【あらすじ】
311で最愛の兄をうしなったヤンキー少女キリミは、海辺で謎のピンク色の半魚人と接近遭遇。兄が魚に変身して帰ってきたんだと思ったキリミは、半魚人を自宅に連れ帰りふたり暮らしを始める。さて半魚人の正体は?キリミの運命は?
【監督プロフィール】
「歌って踊ってメイクする自作自演監督」でおなじみの小林でび監督。『おばけのマリコローズ』での白塗り、『1万円マン』での緑塗り、『ギャラクティカ同棲時代・キッキトチェリリン』での紫塗りに続いて、今回はピンク色だ~!
【CAST】
片倉わき/木村圭作/奥野瑛太/小笠原結/相田淑見/ 高木悠衣/荻窪えき/橋本亜紀/小林でび ほか
【STAFF】
監督/脚本/編集/音楽:小林でび/撮影:蔭山周/ミニチュア特撮:新谷尚之/VFX:岩岡早苗

■Bプログラム終了 18:27

■閉会式 18:40~