「第43回TOKYO月イチ映画祭」 2017年1月14日(土)

■13:40~
前回『TOKYO月イチ映画祭』グランプリ作品特別上映(無料)

●作品 『N.O.A.』https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/15369987_630209163817390_3278891573425369882_o.jpg?oh=fc8f5086e6fe5451ef9ec8373f4c7cf0&oe=595524E9 15分00秒 監督 下向拓生
<受賞・上映歴>
・第4回クォータースターコンテスト グランプリ、げきぴあ賞(スポンサー賞)受賞 2015/12/05 / ・第6回伊勢崎映画祭 ノミネート 2016/2/28
・第14回中之島映画祭二次審査上映会(上映のみ) 2016/3/19-20 /・第9回栃木・蔵の街かど映画祭 準グランプリ 2016/5/7-8
・第4回MKE映画祭グランプリ他4冠2016/6/11 /・第2回湖畔の映画祭 (上映のみ)2016/8/7 /・福岡インディペンデント映画祭2016優秀作品賞2016/8/25-9/4
・第19回蓼科高原映画祭 準グランプリ 2016/9/24-25 /・夜空と交差する森の映画祭2016(上映のみ) 2016/10/8/・第20回水戸短編映像祭 2016/10/10
・那須ショートフィルムフェスティバル2016 2016/11/5-13
<あらすじ>
新型の秘書機能アプリN.O.A.は、空気の読めない超天然系女子。主人のマコトが命令した道案内も無視した挙句、「興奮していますね☆」と冷静に煽るN.O.A.。果たしてマコトは目的地に着けるのか!?
<監督プロフィール>
大学時代は映画制作部に所属し、主に撮影・編集・スチル撮影・アートワーク制作を担当する。一般企業就職後、脚本を勉強し始め、初脚本・監督作品『菊とサカツキ』が国内の短編映画祭で上映される。二作目『N.O.A.』は国内の映画祭で数々の賞を受賞。脚本作品として、落語、一人芝居などを執筆。他劇団への脚本の書き下ろしも行う。また、写真活動では、一般カメラ雑誌に複数回掲載。
<キャスト>
上山輝、Siri(女性)
<スタッフ>
Siriオペレータ:土井麻希、音声他アシスタント:早川莉央

■Aプログラム■(有料) 14:25~

●作品 『なめくじ劇場THE MOVIE 2016「再会」』20分 監督 イッキ
<受賞・上映歴>
小田原映画祭ショートフィルムコンテスト 審査員特別賞受賞 / したまちコメディ大賞2016 入選
おもいがわ映画祭ショートムービーコンペディション2016 入選
<あらすじ>
くたびれた高校教師の吉田、彼はその日、運命的な再会を果たす。そして、そこから、彼の人生史上もっとも激しくもっとも長い一日が始まる。
なめくじ劇場が送る疑心と怒号と爆笑の20分
<監督プロフィール>
元お笑い芸人。2012年より俳優ユニット「なめくじ劇場」を立ち上げ、映像製作やコントライブなど精力的に活動中。
なめくじ劇場全作品の脚本、演出を担当。したまちコメディ大賞2015でグランプリと観客賞のダブル受賞を果たす。
<キャスト>
イッキ、五十嵐雅、亀岡孝洋、アフロ後藤
<スタッフ>
監督・脚本 イッキ 撮影監督・根岸憲一 撮影助手・高瀬大輔、春木康輔 録音・整音 國分玲 作詞・作曲 海月ひかり

●作品 『ソーリーベイベー』 63分 監督 田村専一
<上映歴>
下北沢トリウッドにて2016年11月レイトショー公開
横濱HAPPY MUS!C映画祭招待上映
<作品解説>
過去と現在の恋愛に振り回される男の姿を、ユーモラスかつ切なく描いた恋愛劇。
<ストーリー>
同窓会の打ち合わせで「まちこは誠の事、まだ好きみたい」と同級生のあつこの言葉に衝撃を受ける。結婚パーティーを数日後に控えた誠の心はゆらゆらと揺らいでしまう。青春時代の恋愛と今の恋愛。誠はどっちを選んでしまうのか!?
<キャスト>
大迫一平、宮下貴浩、森重誘介、望月美里、渡辺ヨーコ、村上典子、アイハラミホ、ほりかわひろき、羽切裕介、岩崎友彦、村田啓治、北崎秀和、杉崎俊平、佐藤快磨、相田淑見、仁後亜由美、竹田尚弘、伊藤公一、田原イサヲ
<スタッフ>
監督・脚本・編集・撮影:田村専一/助監督:宮原周平、吉田真由香/撮影:塩出太志/照明:高嶋義明、羽切裕介/小道具:佐藤美百季/衣装製作:キマグレワークス/製作:田島基博、石澤舞/プロデューサー:竹平時夫、加藤啓介
<監督プロフィール>
京都府出身。2007年にニューシネマワークショップで映画製作を学び卒業後、映像制作集団「愛しあってる会(仮)」を設立。社会に適合できない仲間たちとあきらめ悪く映画作りに励んでいる。その他にも映画祭で知り合った監督や関わった監督達の作品を招待し自ら映画祭を開催するなど活動は多彩。
<フィルモグラフィー>
『シャララ』(1分・2009年) ・第7回60秒シネマコンペティション 審査員特別賞 ・よしもと青春動画グランプリ 入選 ・第3回小田原映画祭ショートフィルムコンテスト入選 ・第4回小田原映画祭シネマトピア2010ミニミニムービーコンテスト 銅賞受賞
『ココロノオト』(55分・2011年) ・ 笹塚映像フェスティバル2012 入選 ・ 第3回ラブストーリー映画祭 入選 ・ 福岡インディペンデント映画祭2012 優秀賞
『サーカス』(30分・2012年) ・ 第7回小田原映画祭 入選 ・ 第1回京都コメディー映画祭 準グランプリ ・ 福岡インディペンデント映画祭2013 奨励賞
『姉と妹』(4分・2013年) ・ 福岡インディペンデント映画祭2013 優秀賞
『キープ』(23分・2014年) ガチンコフィルム制作助成金作品
『ソーリーベイベー』(63分・2015年) 横濱HAPPY MUS!C映画祭招待上映 TAMA NEW WEVE映画祭2015 ある視点部門
・ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014 2015 2016 「フールジャパン ABC・オブ・鉄ドン」 「フールジャパン 鉄ドン危機一発」 「フールジャパン 鉄ドンへの道」
バカ映画オムニバスに参加

■ Aプログラム終了 16:21
■ Bプログラム開始 16:35~

●作品  『ゆれてますけど。』 約10分 監督 辻凪子
<受賞・上映歴>
ロンドン 2016年クリスタルパレス国際映画祭 ノミネート
<あらすじ>
みそ汁が揺れている。清々しい朝の食卓がなぜか揺れている。大学生のゆり子とその家族は貧乏ゆすりが癖なのだ。ある日、男子が授業中に揺れを止めようと、ゆり子の膝を押さえるのだが、その瞬間ゆり子はその男子に恋をしてしまう。ゆり子は男子にメモを渡し、公園のベンチで彼を待つのだが…。1人の女の子が世界を揺らす。
<監督プロフィール>
京都造形芸術大学映画学科 在学中 間寛平座長 劇団間座 劇団員 普段は役者として舞台や映画で活動している。
本作品が初監督作品となる。
<キャスト>
辻凪子 北村勇気
<スタッフ>
阪本裕吾

●作品 『鼻歌』 約10分 監督 佃 尚能
<受賞・上映歴>
第69回 カンヌ国際映画祭
  短編部門(Short Film Corner) 公式上映作品
第12回 堤川国際音楽映画祭 (韓国)
  CineSymphony部門オフィシャルセレクション
BEST SHOR COMPETITION 2016
Award of Merit 受賞
Filmapalooza 2016 (アトランタ) 
  48HFP 世界130都市代表作品
48 Hour Film Project 2015
  最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀楽曲賞、
  助演男優賞、プロップ賞、オーディエンス賞
那須国際短編映画祭2016 ノミネート中
第4回MKE映画祭 
  最優秀主演男優賞、最優秀撮影賞
とやま映画祭 特別招待作品
<あらすじ>
東京で夢やぶれて、故郷に帰ってきたトランペット吹き・小津(尾関伸嗣)。しかし、10年ぶりの故郷は何もかもが変わり果て、帰るところはどこにもなかった。唯一、昔と変わらない佇まいを残す、銭湯に足を運ぶ小津。旧友・錦鯉(水野直)との再会、そして謎の少女・節子(桜木梨奈)との出会いが小津を変えてゆく。
<キャスト>
小津-尾関伸嗣 / 節子-桜木 梨奈 / 錦鯉-水野直 / 針原滋 仙頭美和子 松家柚奈 安岡力斗 正木佐和 青柳尊哉 かなやす慶行 平家秀樹 奥田由美 田中美登里 伊藤慶徳 植田ゆう希 射場みのる 佐藤文吾 江木 圭 藤澤信泰 太田雄冴 湯澤かよこ 佐々木郁代
佐々木桜 佐々木凛太郎
<スタッフ>
監督  佃 尚能 / プロデューサー  松家 健 / 美斉津明子 / 脚本 梅田寿美子 山本タカ / 音楽 朝日太一 / 演奏・作曲  佐野 啓 / 撮影 菅原康太 / 録音 鈴木淳一 / 題字 マツミシンノスケ / 翻訳 小林元樹 / 字幕協力 大津えみい / 協力 宮の湯 人参湯 佐藤佐喜子 田島ミサ子 かとう有花 かんとりー・くりえいと株式会社 K・K・F ロケーションマネジメント 企画 アルファセレクション 制作 Surfrider Inc.

●作品 『食卓』https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/15936368_646334758871497_8196419251665830453_o.jpg?oh=9867f8eeb202077c9f91954211ce454a&oe=59513E2B 47分 監督 小松孝
<受賞・上映歴>
PFFアワード2016(ぴあフィルムフェスティバル) グランプリ
バンクーバー国際映画祭 ドラゴン&タイガー部門 正式出品
第20回水戸短編映像祭 グランプリ
東京国際映画祭 特別上映
第3回新人監督映画祭 中編部門 グランプリ
<あらすじ>
年金生活でアル中の政夫(65)はニートで詩人の息子、広志(33)と二人で一軒家暮らし。そこに、政夫の新たな妻として、寿美子(60)がやってくる。食卓を囲んだ家族の再建となるかと思いきや、3人の食卓は別々になっていく。
<監督プロフィール>
1981年生まれ、埼玉県出身。早稲田大学第一文学部卒業。大学在学中、稲門シナリオ研究会に入会。卒業後、映画会社設立を目指してデイトレーダーになるも4年後に破綻。本作は約10年ぶりの自主映画本格復帰作。
<キャスト>
村田元男、信耕ヒロ子、渡部直也
<スタッフ>
撮影・編集 小松孝

■ Bプログラム終了 18:30

■ 閉会式 18:45~